擬音態画伝 でらり

擬音態画伝 でらり
擬音態画伝 でらり
擬音態画伝 でらり
擬音態画伝 でらり
擬音態画伝 でらり

擬音態画伝 でらり

通常価格 ¥165,000
/
税込
制作年 2017
画材/技法 Acrylics on Canvas
サイズ(縦×横) 550×350(mm)
重さ 500(g)
原画or複製画 原画
エディション数
※複製画の場合のみ
額装
サイン

<作品のストーリー>

オノマトペを画題として表現している擬音態画伝シリーズの一点。

ツバキは古くから芸術の題材として取り上げられているが、 一方で「年を経たツバキは化ける」という言い伝えが各地で残っているらしい。 花は枯れてゆく姿も美しい。 いずれ化けることに目覚めるのかもしれないツバキを描いた。

オノマトペ「でらり」:残らずすべてがそうなるさま

<スタッフのひとこと>
日本特有の思想や感覚と現代の発想や画法を融合した作品を制作している、男性画家兼絵師のOZ-尾頭-山口 佳祐-。ライブペイントを始め店舗内外装や海外での個展開催など多岐に亘る活動を行っており、国内外で大活躍のアーティストです。

OZ-尾頭-山口 佳祐-ウォールアート
OZ-尾頭-山口 佳祐-ウォールアート

擬音語や擬声語であるオノマトペの不思議な世界を題材とした「擬音態画伝」シリーズの本作品。落ち着いた金色を背景にシックな色彩で描かれたツバキの姿から、OZ-尾頭-山口 佳祐-の独特な世界観を感じます。

550mm×350mmと部屋に飾りやすいサイズの本作品は、他の「擬音態画伝」シリーズと一緒に並べて飾ってみるのもオススメ。より深くOZ-尾頭-山口 佳祐-の描く世界を感じることができることでしょう。

人気画家であるOZ-尾頭-山口 佳祐-の作品が約16万円で購入できるこの機会に、彼の作品をお部屋やオフィスに迎えてみてはいかがでしょうか。

最近チェックしたアート